手足のシビレって、交通事故の後遺症?

むち打ちと、腕のしびれは深いつながりが…

腕の痺れ
「頸椎捻挫」(むち打ち)と診断されてしばらくすると、

  • 「手がジンジン痺れる」
  • 「この頃、手がしびれる」
  • 「腕がピリピリする」

などの症状が出てくる場合があります
この「原因」は、頸部周囲で腕に行く神経が傷害を受けていいます。
「胸郭出口症候群」や「頸椎症性神経根症」などがあります。
「胸郭出口症候群」は、鎖骨のあたりにある「胸郭出口部」で血管や神経が強く圧迫して、腕にしびれやだるさが出て、肩こりなども引き起こすものです。
もともと骨格的に、なで肩の方は「胸郭出口症候群」になり易いです。
それが、交通事故(むち打ち)で誘発される場合があります。
頸椎症性神経根炎では痺れを解消するのに時間がかかりますが、胸郭出口症候群では痛みも痺れも取れやすいです。
整形外科では痛みについては消炎鎮痛剤です。しかし「痺れ」はなかなかで薬では治らない場合が多いです。

むち打ちはどれくらいで完治するの?

交通事故や、スポーツなどのアクシデントで引き起こす頸椎捻挫(むち打ち症)は、ひどい場合を除いてほとんど、3カ月~6カ月位で良くなることが多いです。
むち打ちになる前の健康な状態に戻らない人もいます。
痛みはほとんど取れてもしびれだけが残る場合もあります。
痛みやしびれの後遺症を残さないためにも早期の施術が大切です。

干渉低周波治療器も効果的です。

干渉低周波治療器
痛みや痺れに効果があるのが、ひじり鍼灸整骨院にある干渉低周波治療器です。
干渉低周波治療器とは周波数の異なる電流を体に流しこみ、電流を交差させて、干渉低周波の発生を用いて治療するものです。
しかし、ただ単に電気を通せば良いのではなく、適切な電極の設定がとても重要になってきます。
腕のしびれに、より効果的なやり方とは?
例えば右の肩から指先までの痺れがあったとしましょう。
腕と指の神経は、首(頚椎)から張りめぐった太い神経が少しずつ枝分かれして細くなり、それが指先まで届いているから、それに沿って干渉波のカップを適切に置くことが大切です。
このようにして電気を流すのです。
細かい設定の仕方は電気を流しながら体へのひびき具合をみて配置を少しずつ変えていくことです。
鍼治療も痛みや痺れに対して効果が良くでますが、鍼が苦手な方はこの様な電療も効果的です。
常に痺れてピリピリしている場所にもろに電気が流れるので、刺激を与えていることが分かります。
そして患者様も「まさに効いてる」と実感します。
電気を流した治療後に、先ほどの痺れが実に軽くなったと感じるのです。
一回だけでは、また元に戻ってしまうので、毎日干渉低周波治療を続けていくことをおすすめします。
患部を温めてこれを行うと、より効果が上がります。

交通事故治療に特化したオーダーメード治療を行う「ひじり鍼灸整骨院」

鍼治療を「ひじり鍼灸整骨院」では特に力を入れて行っております。
この治療はむち打ちに大いに効果的な治療方法です。
むち打ちは痛みだけでは終わりません。
握力が下がったり、手が痺れることだってあります。
時には目まいや立ちくらみ、耳鳴り、だるさ、吐き気などの症状も出てしまうこともあります。
このような症状の患者様にひじり鍼灸整骨院は鍼治療をおススメしています。
病院や整形外科などの治療は痛み止めの処方、またはシップなどがメインとなります。
交通事故後の簡単なむち打ち症であれば、この治療法でも治ることもあります。
でも、骨格が歪んでしまうと、この治療法では治りにくいです。
鍼治療や柔道整復術を施しているひじり鍼灸整骨院の治療法は骨格の歪みに対してアプローチするので、症状の改善が見込めるのです。
さらに、ひじり鍼灸整骨院では患者様とのカウンセリングをしっかり行い、その患者様毎に適したオーダーメード治療をしています。
痛み以外にも、完治に必要な期間など、患者様のご不安点について何なりとご相談下さい。

アクセスマップ

むち打ち・交通事故専門治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)