あなたは「むち打ち症」で悩んでいませんか?

ズキッ!と痛む、ビリッとしびれる、これって「むち打ち」なの?

むち打ちが心配です
もしあなたに体験はなくても、「むち打ち」ということばは誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
「むち打ち」はたくさん小耳に挟みながらも、わりと詳細については知られていないのが現実です。
そこでこの度、ひじり鍼灸整骨院が一番誇れる専門分野にあたる「むち打ち」を取り上げることにしました。
そして「むち打ち」のメカニズムから始まり独自治療法まで詳しく説明いたします。
最初に「むち打ち」の特徴を言いますと、交通事故の直後にそんなに痛みや症状が現れないことです。
整形外科や病院などでレントゲンやMRIなどの画像検査を行っても、ほとんどの場合は「骨に異常なし」と診断されてしまうのです。
要するに、骨折や脱臼などが無いと判断され、シップや鎮痛剤などをもらうだけです。
それにより、適切な治療が施されず、徐々に腫れやシビレ、首や背中のハリ感、腰痛、また脚のシビレなど、幅広く痛みや症状が現れます。

もし、あなたが今

  • 交通事故後の頭痛やひどいコリ
  • 交通事故後の首や腰の痛み
  • 交通事故後の強い疲労感
  • 交通事故後の手足のしびれ

こんな痛みや症状でお困りなら、ぜひ一度ひじり鍼灸整骨院へ。
なぜ痛みや痺れが起こっているのか、その原因や根本から追求して患者様各自に応じた治療を行い、「むち打ち」の痛みから解放へと手助けいたします。

「むち打ち」のメカニズム?

「むち打ち」とは何か?
「むち打ち」の原因は何か?

直接的な原因は何か?

  • 外部から強力な衝撃を受ける
  • 不意の衝撃を急激に受ける
  • 防備を整えることの不可能な速い衝撃を受ける

上記のものは、普段の生活でしょっちゅう起こるものではありませんが、交通事故による「むち打ち」損傷を受けた場合に発症します。
「むち打ち」の外傷は、筋肉が打撃を和らげるための防備をする間もなく衝撃が首を伝わることで、頸椎(首の骨)にストレートにダメージを及ぼしてしまうのです。
そして、とても強い衝撃が首に与えることにより、普段の正常時は少々前傾しているべきの頸椎のカーブが低下し、ストレートネック(真っすぐな首)という状態になる場合もあります。
これは体にとってかなりの緊張を引き起こし、徐々に腰痛と肩の痛み、頭痛、吐き気、背中のはりなど体全体に広がっていきます。

それではむち打ちとは、原因や症状により四つのタイプに区分されるのでしょうか。

1.頸椎捻挫型

頸椎捻挫型は、むち打ち患者の70~80%を占めています。
頸椎の周りの筋肉や靭帯などレントゲン撮影では発見できない軟部組織の損傷です。
症状は、首を伸ばすと、首の後ろや肩の痛みが強くなるもので、それにより首や肩を動かすことができる範囲が制限されてしまいます。
そのせいで、同じ症状を引き起こす「四十肩・五十肩」と勘違いされる方もいらっしゃいますが、事故直後に早めの診察をおすすめします。

2.根症状型

根症状型は、頸椎の並びに歪みが起こることにより神経が強く圧迫されます。
神経の圧迫により、手足のシビレ、首の痛み、倦怠感、後頭部の痛みなどを引き起こします。
また、顔面に痛みが強く走る場合もあります。これも、顔面の神経痛と勘違いされやすいです。
特に咳やクシャミをするときに痛みがかなり出るようです。

3.バレ・リュウー症状型(後部交感神経症候群)

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、目のかすみ、眼精疲労、めまい、耳鳴り、吐き気などが起こる症状です。
喉の違和感、声のかすれ、胸部の圧迫感が発症する場合もあります。
※後から症状が出ますので、必ず診断を受けることが大切です。

4.脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

髄液圧が急上昇したときにクモ膜が裂け、脳脊髄液が減少して起こる症状です。
交通事故によりむち打ち症になってしまい、長期間が過ぎても、頭痛、首の痛み、めまい、などの症状が治らず、治療に効果が出ない場合、脳脊髄液減少症の可能性が疑われます。
脳脊髄液減少症は様々な自覚症状を訴えられています。
頭痛、めまい、耳鳴り、難聴、ふらつき、視力低下、思考能力低下、全身倦怠感、自律神経障害、鬱病、筋力の低下、肩こり、首の痛み、背中の痛み、腰痛、手足のしびれ、内臓機能低下などの症状を引き起こします。

「むち打ち」そのまま放置しておくと、怖いことに。

暫く経ったら治るだろう…とか、どうにかなるだろう…とか、「むち打ち」を軽くみては非常に危険です。
交通事故直後では首・肩のハリ感や軽い疲労感だけを感じていても、徐々に腕と手のシビレ、頭痛、めまい、腰痛、脚のシビレ等、多くの症状を引き起こす可能性があります。
また、そのまま放っておくと、症状が全身に広がり、あるいは慢性疾患になるかも知りません。
ひどい場合は数十年経っても痛みが治らないと言う患者様もいます。
現在、交通事故により以下のような痛みや症状などをお持ちの方はかなり要注意です。

  • 交通事故に遭い最近になって首・肩にハリ感がある。
  • 首を動かす際に筋がつっぱる。
  • 首や肩が常に熱を持っている。
  • 手や足に痺れがある。
  • だるさを常に感じる。
  • 顎に違和感や痛みがある。
  • 口が開けにくい。

もし一つでも身に覚えがあることがあるなら、ぜひ一度当院へご相談ください。

首だけにこだわらず体全身を診る。手技中心の総合的な「むち打ち」治療。

むち打ちの治療
むち打ちを引き起こした直後には、ともかく最初に炎症を解消させるのが最優先となります。
また、損傷をまともに受けた靱帯や筋肉の改善にも努力しなければいけません。
ひじり鍼灸整骨院では有効超音波をもってミクロマッサージを施しコルセットで頸部をしっかり固定します。
炎症が完璧に引くまでは強いてストレッチをしたり、激しい揉み解しや首の牽引などは絶対にやりません。
「首だけにこだわらず体全身を診る」これはまさにむち打ち治療におけるひじり鍼灸整骨院ならではの治療モットーです。
それは、首に激しい衝撃を受けたとしても、損傷を被った部位は首だけではないからです。
むち打ちの殆どが、衝撃時にハンドル強く握った肩や手首にかなり強い力が伝わり、また背中や腰などにも激しい損傷を与えています。
これらの原因により全身の歪みや筋肉の偏りが神経を圧迫し血行を悪くし、肩こり・腰痛・疲労感・頭痛など多くの症状を引き起こします。
明石のひじり鍼灸整骨院ではこのような痛みと症状を一日でも早く治すため、炎症が治まった後は全身の調整をしっかり行いながら頸部以外の関節や筋肉の機能を改善させ、その柔軟性を回復できるよう治療致します。
手技療法を中心として、人間が元来もっている自然治癒力を徐々に高めて完治を目指します。

アクセスマップ

むち打ちでお悩みの方はひじり鍼灸整骨院へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)